今思うこと。

東日本大震災から1週間ほどが経過しました…。(※長文です)

地震発生当日は、母と日比谷のビルにおり、強い揺れでした。
その後は東京駅に移動しましたが、
帰宅難民で大混雑、大手町で一晩明かして翌日帰宅しました。
その後、段々と情報がわかってくるにつれて
明らかになる東北の惨状、
そして改めて津波の恐ろしさ、
そして自然災害を前にして、なんて人間はちっぽけで
無力なんだろう、と呆然となりました。

この地震、津波での犠牲者の方々には心より哀悼の意を申し上げます。
また朝晩は氷点下になる気温の中で
避難所生活を送られている、被災者の皆様には
心よりお見舞い申し上げます。
現状が少しでも良くなりますよう、祈っております。

先週も、余震が続き、計画停電、交通機関の混乱、
原発がどうなるか、などがあり、まだまだ不安な生活でした。

この原発の問題ですが、
心配して連絡をくれた海外に住む友人たちとやりとりしていると、
地震発生直後から、原発の問題がより深刻に
受け止められている印象がありましたし、
また海外のニュースではその問題が当初から大きく取り上げられています。
日本でも最近、原発の問題が大きく取り上げられていますが、
今後事態がどのように推移するかについては
悲観的な意見と楽観的な意見とに二分されているようですね。。。

スーパーでも買い占めが続出して、一部物がない状態ですが、
パニックになって買い占めている人を見て
不安になった人たちが必要以上に買う、という状態だったと思います。
本当に物を必要としている人たちは、
被災者の方たちですし、必要以上の買い占めは控えてもらいたいものです。。。
こういう時はパニックがパニックを引き起こしがちですが、
落ち着いて被災地の方に自分にもできること――節電、募金(信頼できるところに。)・・・などあると思いますが――を行っていきたいと思います。

そして音楽界では、コンサートの延期や中止などの対応が
大変だと思います。
音楽は、水、食べ物や暖といった、それを欠いては
生きられない、というものではないかもしれませんが、
それでも、音楽には、時には人の心の救いに成り得る、
そういった大きな力があると思いますので、復興が進む中で、いつか今回被災された方々の心を潤すような音楽が奏でられるよう、日々音楽と向きあっていきたいと思います。

まとまりなく、思ったことを書いてしまいましたが、このBlogを覗いてくれる、
来月日本に来たい、と言ってくれているドイツに住む友人に近況を伝える為にも
綴っておきます。
昨日もまた余震がありましたし、皆さまも十分にお気をつけください。
[PR]
by akikoklavier | 2011-03-20 10:06 | 日々の出来事
<< 〘演奏動画〙スカルラッティ:ソ... 〘演奏動画〙ドビュッシー:&q... >>