”ピアノマニア”とエマール。

11月に遡りますが、試写会で”ピアノマニア”という映画を
見ましたが、その映画が今、公開中なようです。
公式サイト→http://www.piano-mania.com/index.html

スタインウェイ・オーストリアの調律師が、世界的ピアニストたちから
繰り出される難問を解決していく様子に密着したドキュメンタリーで、
ランランやブレンデルなども登場しますが、
J.S.バッハの”フーガの技法”の録音過程で、1台のピアノに様々な
音色・表現を追求していくエマールのストイックさとそれに応えるプロフェッショナルな
調律師の緊迫したやりとりには見入ってしまいました。。。

その翌日が、エマールのリサイタルで、学究的な、
彼の世界を堪能しました。
特に、最後のリストソナタは、ロマンチックなものを削ぎ落した、
内面的な深い精神性を感じさせる、今まで聴いたことのないような演奏で、
印象に残りました。

彼の持っている引き出しの一片しか聴いていないようで、まだどれだけあるんだろう・・・と
感じ、他の作曲家の作品など、また生で聴いてみたいピアニストです♪

人気ブログランキングへ←ぽちっと!お願いします☆
[PR]
by akikoklavier | 2012-01-31 22:01 | 日々の出来事
<< コンサートのお知らせ♪ 2012② >>